技能実習生Q&A

技能実習制度について、よくある質問にお答えいたします。詳細は直接ご説明いたしますが、大まかにご理解いただけると思います。

実習生06
press to zoom
実習生04
press to zoom
実習生03
press to zoom
IMG-4697
press to zoom
IMG-4696
press to zoom
IMG-4695
press to zoom
IMG-4694
press to zoom
IMG-4693
press to zoom
IMG-4377
press to zoom
1/3

技能実習生はどのようにして募集するのですか?

​受け入れ企業様がどういった人材を求めているのか、性別、年齢、母国での職務経験などのご希望をヒアリングしたうえで、私たちが海外の送り出し機関に募集をかけます。

2

技能実習生はどうやって選抜されるのですか?

​まずは送り出し機関側での書類選考を経て、職種に応じて受け入れ人数の約3倍までに絞ります。その後、現地面接、またはスカイプ等を利用した面接で最終的に選抜していただきます。

3

申し込みから配属までの期間はどれくらいですか?

お申込みいただき最終年節後の選抜から入国までは、約6ヶ月です。その後、約1ヶ月の入国後講習を経て、企業様の元へ配属されます。

​※あくまでも目安の期間です。前後することがあります。

4

実習生は日本語は話せますか?

入国までに約3~6ヶ月程度、母国で日本語を集中的に勉強し、日本語能力試験N5の資格を取得してきます。個人差はありますが、挨拶や簡単な受け答えはできます。

5

住居・食事などはどうするのですか?

住居(社員寮)に関しては、企業様にご準備いただきます。一人あたり3畳以上のスペースを確保することが義務付けられています。例えば、キッチン等の共有スペース以外に、就寝する場所(6畳だと2名まで可)を設ける必要があります。そのほか、必要最低限の家具家電をご用意いただきます。食事に関しては、実習生が各自負担となります。

6

会社で準備することはありますか?

①技能実習指導員(同職種5年以上の経験者)

➁生活指導員(実習生の相談窓口や生活のケア)

③安全衛生上、必要な措置を講じていること

④宿舎、家具・家電、寝具、作業着等

​※その他、細かい点はご説明いたします

7

労働時間は1日どれくらい可能ですか?

日本人と同様に労働基準法なども適用されます。雇用契約に基づいて残業も可能ですが、本来の目的は技能の習得であることを念頭においてください。

8

病気等の場合の費用の負担は誰が?

日本人同様に社会保険が強制的に適用されます。一時的に自己負担(3割)が発生しますが、「外国人技能実習生総合保険」に加入することで、補うことができます。この保険は任意でルールなどはありませんが、企業負担になることが通例です。